ねこちぐら獣医師ペットヘルスケアブログ

獣医師発信のペットの健康情報、最新情報、漢方や生薬の話

【生薬まとめ】茶葉・柴胡・五味子・薄荷・檳榔子・地骨皮・山梔子・木通・芍薬

お茶の花です。ツバキに似た綺麗な花を咲かせます。人にとっては有用なお茶ですがペットには要注意です。 茶葉・チャヨウ ツバキ科チャノキの葉。お茶の葉っぱです。頭痛や下痢を改善する効果があります。お茶(緑茶、紅茶、ウーロン茶など)はカフェインが…

【生薬まとめ】大棗・枳実・枇杷葉・山査子・貝母・地黄・前胡・威霊仙・葛根

大棗(タイソウ)の原材料の棗(ナツメ)です。不安や不眠、じっとしていられない、いつも悲しい。そんな症状に配合されます。庭でナツメの木を育てています。花は咲くのですが実がなったことがありません。今年は勉強して結実させたいです。実がなったらこ…

【生薬まとめ】菊花・粳米・生姜・天麻・甘草・竜胆・膠飴・芒硝・人参

生薬の菊花(キクカ)です。民間薬として、お茶としても使われています。 菊花・キクカ 粳米・コウベイ 生姜・ショウキョウ 天麻・テンマ 甘草・カンゾウ 竜胆・リュウタン 膠飴・コウイ 芒硝・ボウショウ 人参・ニンジン 菊花・キクカ キク科のキクの頭花。…

【生薬まとめ】枸杞子・白殭蚕・薏苡仁・陳皮・沢瀉・猪苓・細辛

杏仁豆腐に入っている赤い実が枸杞子(クコシ)です。 枸杞子・クコシナス科、クコの果実。お菓子や薬膳料理に入っている赤い実のクコです。眼の症状に効果があることで知られます。胃腸の弱い場合は注意して使う必要があります。果物を食べる小鳥などの動物…

犬が乳腺腫瘍になったら避妊手術したほうがいいの?

症状・診断 年齢・犬種 起こりやすい年齢 腫瘍の大きさと悪性度の関係 乳腺腫瘍と避妊手術の関係 乳腺腫瘍とは 犬の乳腺腫瘍はよく見られる病気です。女性ホルモンなどのホルモン、遺伝的体質などの影響があるといわれています。まれですがオスにも見られる…

【生薬まとめ】 荊芥・桂枝・山薬・冬瓜子・麦門冬・遠志・天門冬

荊芥・ケイガイ 桂枝・ケイシ 山薬・サンヤク 冬瓜子・トウガシ 麦門冬・バクモンドウ 遠志・オンジ 天門冬・テンモンドウ 荊芥・ケイガイ シソ科のケイガイの花穂。体表部の熱を冷ます。湿疹や化膿を抑える、鼻出血などを抑える作用があります。犬で使う十…

サプリメントは人間用・ペット用も「食品」

サプリメントは食品です サプリメントとは 人の健康食品(サプリメント)の分類 ペットの健康食品(サプリメント) サプリメント選びを迷った時の道標 終わりに サプリメントは食品です 体のためにサプリメントを取っている家族は多いと思います。動物病院で…

人・犬・猫 必要とする栄養素の違い

病気や高齢のためペットフードを食べなくなってしまい、手作りご飯の相談を受けることは多いです。 以前の記事でもふれています。 ペットの手作りご飯の相談が増えました - ねこちぐら獣医師 飼い主さんの中には、良い素材のもので美味しいものを作って食べ…

犬と猫の関節の治療 炎症を起こさないサイクル作り

犬も猫も気づかないだけで実は関節炎である「隠れ関節炎」が多いという記事でお話ししました。人に置き換えてみると、体の痛みが無い高齢者のかたが元気に歩いたり運動ができるのと同じように、ペットも高齢でも、体に痛みがなければ若いころとさほど変わら…

高齢犬・老犬(7歳から10歳以降)の体の変化とヘルスケア

年齢を問わず起こるトラブル 骨関節炎 心臓病 腎臓病 歯周病 悪性腫瘍 認知症 内分泌疾患 高齢期の犬のからだ 7歳~10歳以降の高齢期のワンちゃんでは関節疾患、心臓病、腎臓病、歯周病、悪性腫瘍(癌)、認知症、内分泌疾患などがみられるようになります。…